いながき歯科

予防歯科

日本と欧米の、歳をとった時の残存歯数の違い。

旅行や食事を楽しもうにも、歯が無ければ食事を楽しむことはできません。入れ歯になってしまっては、痛くて食べるものも限られてしまいます。日本人の80歳の時の残存歯数は、たったの10本程度と言われています。50歳を超えた日本人の半分以上、または75歳を超えると6割~7割程度が入れ歯に頼っていると言われています。これに対し、欧米人の残存歯数は、日本の倍程度(20本程度)の本数が残っていると言われています。この違いは一体何に起因しているのでしょうか。

お口の健康の秘訣は「メインテナンス」にあり

実は、日本人と欧米人では、予防歯科に対する概念が大きく違います。日本では「痛くなったら歯医者さんに行く」という考え方ですが、欧米では「痛くなる前に予防の為に歯医者さんへ行く」という考え方なのです。1ヵ月~3ヵ月に1回、歯科医院にメインテナンスに行く事が、最悪の結果を防ぐ為に非常に重要となってくるのです。まさに明暗を分けると言っても過言ではないでしょう。

歯のクリーニング

日々の歯磨きの中で、取りきれていない汚れがあります。 健康で美しい歯を維持する為には、プロによるクリーニングを定期的に受ける事をお勧めします。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

お口の中の溜った汚れを定期的に落とすのがPMTCです。

PMTC(プロフェショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は、予防歯科の先進国スウェーデンでシステム化された専門的なお口のクリーニングです。専門機器や専門器具を用いて一本一本の歯をていねいにクリーニングします。

~ PMTCの効果~

  • 歯質の強化

    研磨用のフッ素化物入りペーストにより再石灰化を促進し歯のエナメル質を強化します。

  • むし歯の予防

    細菌性バイオフィルムを破壊し、プラークを除去、再付着を防止し虫歯を予防します。

  • 歯周病と歯肉炎の予防・改善

    歯面から歯肉緑上及び歯肉緑下のプラークを除去する事により歯肉症状を改善します。

  • 審美性の向上

    タバコのヤニや茶渋などの沈着した色素を取り除き、光沢のある本来の歯面を回復します。

~ PMTCの手順~

  • STEP.1

    ブラッシングの状態と歯のチェック

    ブラッシング不足や磨き残しのチェックをし、必要に応じてはブラッシング指導を行ないます。

  • STEP.2

    研磨ペーストの注入

    歯と表面、歯間、歯の付け根の部分に、クリーニングペーストを塗ります。

  • STEP.3

    清掃・研磨

    専用の機械を使用し、汚れを落とし研磨します。ブラシの形状を変える事で細かい部分まで全てキレイにします。

  • STEP.4

    洗浄

    消毒薬を含んだ洗浄液でお口の中をキレイにし、歯や歯肉ポケット内を洗浄します。

PMTCは定期的に行う事で効果を発揮します。いながき歯科では、定期的な受診をお勧めします。

ページトップへ戻る

閉じる