いながき歯科

むし歯治療

なるべく削らない、なるべく抜かない、
なるべく痛くない治療

いながき歯科ではなるべく歯を削らず、できるだけ歯や神経を保存していく治療を心がけています。
「自然な自分自身の歯が最も機能的で美しい」を大前提に、患者様の生活習慣や、求めていること、予算、などに合わせて選択肢を提示し、そのひとつひとつを十分に説明したうえで治療を行っていきます。

治療の流れ

  • STEP.1

    問 診

    ご来院された際に、問診表に症状などを記載していただきます。

  • STEP.2

    診 断

    患者様にお話を伺って各種検査を行い、症状を診断します。

  • STEP.3

    カウンセリング

    患者様のご要望をお聞きし、現在のお口の中の状態と、考えられるいくつかの治療計画を説明します。

  • STEP.4

    治 療

    治療計画に沿って治療を行っていきます。

  • STEP.5

    定期検診

    治療が終了した後も健康で清潔な歯とお口が保てるよう、アフターケアを行います。
    適切な検診時期をご案内させて頂きます。

治療方法

コンポットレジン充填法

軟性レジン(プラスチック材)を塗り固めながら歯の形を修復する治療法。
応用範囲が広く、短期間に治療を終えることができ、欠けた歯の修復やすきっ歯の改善など様々な用途で用いることもできます。

ダイレクトボンディング法

コンポジットレジン充填法と素材が違い、軟性レジン(プラスチック材)にセラミックスを含んだハイブリッド樹脂材を使います。
周囲の歯に色を合わせたり、透明感まで再現できるので、見た目がより自然で、美しく仕上がります。

  • むし歯を削り、キレイに成形します。

  • レジン複合材を盛ります。

  • 光照射によって硬化します。
    (光重合)

  • 研磨して歯の形態に整えます。

インレー(つめもの)修復法

奥歯に修復物を詰める治療です。歯の型取りをして作ります。保険治療では金銀パラジウム合金(いわゆる銀歯)を使いますが、その他にゴールドやセラミックなど、様々な種類があるので、部位や目的、患者様の希望などに合わせて選択していきます。

  • むし歯がある状態。

  • むし歯を削って成形し、歯形を丁寧に採取します。

  • 歯形を元に製作した修復物を接着します。

  • 研磨・調整して、歯の形態や咬み合わせを整えます。

クラウン(かぶせもの)修復法

修復物を被せる治療です。歯を土台にして被せ物を被せる場合と、金属やグラスファイバー素材の土台(ポスト)を埋め込んで、その上に被せる場合があります。土台と被せ物の素材に種類があるので、金属アレルギーのリスクや予算など十分に説明して選択していきます。

  • むし歯を除去して無菌化します。(根管治療)

  • 修復物の支台となるポストを立てます。

  • 歯型を丁寧に採取します。

  • 修復物を接着し、研磨・調整します。

むし歯の進行と治療

  • むし歯の初期症状:CO、C1

    歯の表面のエナメル質のみがむし歯になっており、 歯の表面が白く濁ったり黒く見えている状態で、特に痛みはありません。

  • 象牙質まで進行:C2

    むし歯が象牙質(エナメル質より深い部分)まで進み、 歯の表面が黒く見えている状態で、食事で痛みを感じることもあります。

  • 神経(歯髄)まで進行:C3

    ズキズキしたり、大きく穴が開いた、と感じ始めます。
    神経を抜く治療が必要になる可能性が高いです。

  • むし歯の末期症状:C4

    神経が死んでしまい痛みを感じなくなります。 ここまでむし歯が進行してしますと、抜かなければならない場合もあります。

ページトップへ戻る