いながき歯科

審美歯科

健康的で美しい口元を目的とした
審美歯科治療

歯科治療には大きく分類して「口腔機能を修復する治療」と「見た目を改善する治療」がありますが、
いながき歯科が行う審美歯科治療は、
そのどちらかではなく、機能と美しさの両立を追求します。

こんなことで悩んでいませんか?

審美歯科治療は保険適用外です

保険治療で扱える材料や技術には限りがあります。いながき歯科では、保険適用の詰めものや被せものではなく、「自然な歯のような白さ」と「機能」を実現するための材料を豊富にご用意しています。ご要望を伺ったうえで、精密な検査と診断を行い選択肢をご提示します。

様々な材料

  • 金属 (シルバー・ゴールド)

    金属なので強い力のかかる部位にも使用できる。
    見た目としては目立ってしまいます。

  • レジン

    色が適度に白く安価であるという利点があります。
    ただ現し、自然な歯と同等の硬さや強度はありません。

  • ハイブリッドセラミック

    セラミックスと硬質レジンの中間の素材です。
    審美的にも優れた修復材です。
    セラミックスに近い強度を持っておりますが、摩耗性は若干低くなります。

  • セラミック

    自然歯に最も近い物理的特性をもち、 生体に対して極めて馴染みやすい材料です。
    金属を全く使用しないために透明感が他の材料より一層出しやすく、また金属を使わないので軽量であるため、歯を支える組織への負担が軽く済む利点が有ります 。

歯科用金属を一切使用しない メタルフリー治療

保険治療では、詰め物や被せ物に金属が使用されます。いわゆる銀歯にはアマルガム(水銀化合物)金銀パラジウム合金(金・銀・銅の合金)などがあります。これらは、見た目に違和感があるだけではなく、口内で金属がイオン化・溶け出し、体内に取り込まれ、金属アレルギーをはじめとした悪影響を及ぼす事がある事がわかってきています。 また、神経を取った歯には、コア(土台)の部分も金属が多く使われています。金属のコアは、歯の根の部分の破折や、歯茎の黒ずみなどにも結び付きやすいという性質があります。金属イオンが身体に及ぼす影響は人によってまちまちですが、金属アレルギーや、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などの病気になる場合があります。また、金属イオンが歯茎に沈着する事により、歯茎の黒ずみや歯と歯茎の境目に黒い線ができてしまうブラックマージンも金属イオンの弊害の一つです。ドイツでは、保健省が歯科業界に対して、幼児及び妊婦向けには、水銀・銀アマルガム合金と、銅を含有するパラジウム合金を使用しないと いう勧告を行ないました。

このような背景もあってか最近では、金属アレルギーなどの心配がない、メタルフリー治療(金属を使わない治療)を全額負担であっても希望される方が、非常に増えてきています。

Before After

ページトップへ戻る